top of page
検索

①遠くへ住む娘さんへの母心

更新日:2023年5月5日

先日頂いたご相談、


「娘がボーイフレンドが出来て海外で初デート、娘はボーイフレンドと口論になると感情が抑えきれなくなるのを見てきて、娘が壊れてしまうんじゃないかとそれが凄く心配なんです、」と。


こちらのお母さんは、娘さんをとても信頼して子育てされていらして、お嬢さんへの深い見守りの愛情を知っているだけに、その心配な気持ちが伝わってきました。

「娘が幸せな気持ちで過ごしてくれたら私はそれ以上何も無いんです」とも。

傍にいれば、親の目の届く範囲でサポートもできるのですが、海を渡った海外では祈るしか方法がありません。

この大切なお嬢さんが幸せで過ごせるために、彼女に直接話を聞くことはできませんから、彼女に出来ることを透視とチャネリングにより見つけ出しヒーリングをさせて頂くことになりました。


これには先ず、彼女のハイヤーセルフに事情を聞いてみるのが1番です、さっそく会いに行きました。 すると、現れてくれたのは王子の姿、黄金色の巻き毛の少し長めのショートヘアー、腰には立派な剣をさしているイケメン王子様

ほぉ、、っと美しさにみとれそうです。

そしてこの彼女の問題についてお話を伺いたいと伝えます。

なぜ、気持ちを抑えられないほど感情的になってしまうのでしょうか?それに対して改善策があればどうか教えて下さいとお願いすると、

口論になる原因は、彼との未来に対する不安からくるもの。

実は彼女は古風な考えを持っている女性なんだよ。

御付き合いする男性には将来的なことを踏まえて考えているんだ。

そのように深い深層心理がある。

だからお付き合いする男性には将来自分と家庭を持つこと、結婚相手としてみているから慎重になるんだよ。


そして、


・幸せな家庭

・家族の形

・男性とはこうであって欲しい等


自分の理想がある。

それにあてはまらないのでは?

と思うような節を感じると不安になる。


ボーイフレンドを自分の理想形に当てはめすぎてしまうところがある。


そして相手に支配されたような感覚がしたり、話が上手く通じない場合は、イライラ、不安から、強い憤りになってしまう。


そうすると、いつの間にか感情はエスカレートしてゆき、

「私の言うことを聞いて欲しい!」

「わかって欲しい!」

自分自身が支配されるのは嫌なはずのに、いつの間にか自分が支配する側になってゆき、相手をコントロールしたくなる、


しかしながら、それも今度は自分が苦しくなる、パニックになってしまう。

これは男性性のエネルギー。

これだけではバランスが取れない。


人と人は、良い関係性を「育むことが出来る」最初は意見や考え方違っていても良い、

「育むことができるんだ」とただ意識として理解してゆけたらこのパニック的な症状は楽になると話してくれる。

腰に刺した剣は、この感情的な問題は人も自分をも傷つける戦いの象徴、傷つけあう可能性秘めている、剣を納めなさい。

というメッセージだと。

ハイヤーセルフが男性の姿を見せてくれた、剣を見せてくれたのも象徴を見せて、私との会話、理解を促してくれた事だと彼女のハイヤーセルフやこの透視とチャネリングをサポートしてくれた全ての光の存在達に愛を感じました。

彼女の事を教えてくれた王子に御礼と感謝を伝えさよならしました。


あまりにリアルに教えてくれたこの話は、私のハートの深い部分まで理解を促してくれました。


この事を、ご相談くださいましたお母さまにお伝えしたところ


「そうなんですよ、うちの娘は誰とでも軽くお付き合いするタイプではなく、古風な考え持っている、お付き合いするのにカッコいいとか気が合うから~、とかそういうノリでは全くないですね。付き合う以上は真面目に将来のことを前提に考えるタイプなんです。」


そうお話しくださいました。そしてこのことは機会を見て娘に伝えたいですと。 高校生に上がる頃から知っている彼女、キュートで可愛くて頭の回転も早く賢いお嬢さんに幸せに過ごして欲しい!

私もお母様と同じような気持ちになりました。


彼女に先ずは、

この原因を起こしているチャクラに対しヒーリング。


そして何よりもデートの日が間近!!その時を幸せに楽しく穏やかに過ごせるように、宇宙クリスタル神聖幾何学を使ったヒーリングを3日間設置致しました。

女性性:男性性の癒し、バランスを取るなど、、他

これで楽しい休日が過ごせるのが今にもみえてきそうです。

彼女のオーラ体は元々美しくベールのように包まれていてカプセルに包まれて護られているようなオーラ体がみえて分かりました。

これが壊されることの無いように健康に過ごせますように!

またこの経過をご報告出来ると嬉しいです。




閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page